生活を維持するため

ハートと聴診器

仕組みや基礎知識を理解する

うつ病の人が増えていますが、これは現代病の一つと言います。そして、いつ自分がうつ病になるかわからないと考えておくべきです。もし、うつ病にあと状態でしばらく会社に行くことができない場合は、収入減が途絶えてしまうことが多いです。この場合、生活できなくなる可能性があるため障害年金などを利用することが必要になるでしょう。障害年金の仕組みとして知っておきたいことはまず年金には3種類あることです。そしてこの3種類のうちどれに該当するかによってもらうことができるかどうかが決まってきます。その種類とは、障害基礎年金と障害厚生年金として傷害共済年金と呼ばれるものです。年金を支払っていれば障害基礎年金は誰にでももらうことができるでしょう。障害基礎年金の場合は、1級と2級に認定された場合もらうことが可能になります。3級の場合貰うことが出来ないため注意しなければなりません。これに対して、障害厚生年金と障害共済年金に関しては3級に該当した場合でももらうことができるのが大きな特徴になるでしょう。このように、どれに該当するかによって条件が若干異なります。ちなみに、厚生年金は会社員や会社勤めをしている人が加入するものです。これに対して、共済年金は公務員や公立学校の先生らが加入しているものです。受給条件は、年金に加入しており一定の障害の状態の継続していることが条件になります。当然ながら年金保険料を毎月支払っていることも条件になることを忘れてはいきません。これらの三つの条件を満たすことができれば、うつ病でも障害年金をもらうことが可能です。

うつ病の障害年金の基礎知識としては、まず申請する場合自分自身で申請するのが難しいことを理解しておくとよいです。例えば、書類を準備する場合でも様々な種類のものを準備するだけでなくそれを自分で正しい形に記載しなければなりません。記載する場合には、専門的な知識のないと難しいため専門家にお願いするのがよいでしょう。この時うつ病の障害年金に関して詳しい弁護士や社労士を選ぶ必要があります。それらの人にお願いをすることにより、問題なく書類を作成してくれるでしょう。ただ、料金がどれぐらいかかるか気になるところです。特に、普段からお願いをしたことのない人にお願いするとどれぐらいかかるかが気になるはずです。一般的に時の手数料と呼ばれるものが\20000ほどになりますので、それ以外にもいくらかを支払うが基本です。そうすると、申請が通った場合には10万円ぐらいのお金がかかると考えてよいでしょう。もちろん、交渉をして下げることも可能になります。逆に、申請が通らなかった場合にも、お金は支払われることになります。もし、申請が通らなくても、全額返還するような仕組みを採用しているところはまずありません。機になる場合には、弁護士事務所や社労士事務所に行き相談をしてみましょう。多くの場合、相談は無料で行っています。相談をして問題がなさそうならがそのまま契約してしまうのも一つの方法になります。ちなみに、申請に対して結果を出すのは国なりますので、市役所が受理したとしてもそれで結果が出るとは限りません。

理解しておくと良いこと

悩む男性 会社員などがうつ病になってしまい障害年金をもらう場合には3種類のランクがありますのでどれに該当するかを事前に調べておくことが必要になります。弁護士や社労士の中に申請をしてくれる人もいますので専門家に頼むことで申請が通ることがあります。

詳しく見る

悩みの解決方法

診察 うつ病で障害年金をもらう場合、社労士や弁護士を選ぶことが多くなります。選ぶ場合には、障害年金の申請を得意としているところを選ぶ必要があります。申請する目的は、なんといっても年金を生活費にするためです。

詳しく見る

年金をもらうためには

悩む男性 うつ病でも障害年金をもらうことができますが、そのためにはドクターの診断書がなければいけません。診断書があったとしても100パーセント通るわけではないので、不安ならば、障害年金の手続きを仕事とするプロに頼みましょう。

詳しく見る

Copyright© 2019 病気で苦しんでいる場合に理解しておきたいことは何か All Rights Reserved.