悩みの解決方法

診察

選び方と利用する目的

病気にも、目に見えてわかるものとなかなか目に見えないものがあります。最近流行しているのは、外からはわかりにくいうつ病になります。うつ病は、20年ぐらい前までは頑張れば何とかなるといわれていた病気ですが、最近はその病気の実態が少しずつわかってきており下手にポジティブな言葉をかけない方がよいとされています。それよりも、本人が自覚して心療内科や精神科に行くことが必要になるでしょう。障害年金をもらうこともできますが、いずれにしても心療内科や精神科に行かなければ障害年金を申請することができません。障害年金を申請するために必要なことは、初診日がわかることだけでなく診断書をもらうことです。診断書をもらうことで、いったいいつから病気の状態になっているのか理解することが可能になります。それとともに、いざ障害年金をもらう場合にはどれぐらいの金額になるかも決まってくるでしょう。そのため障害年金をもらうにあたり、どのような心療内科や精神科に通うかが重要になります。心療内科や精神科によっては、診断書を書くことに対して否定的なところもあるからです。逆に、診断書を書くことに対して力を入れているようなところもあります。それは単に、診断書を書くことが好きなわけではなく診断書を書いてくれることを希望している患者さんがたくさんいるためです。医者としては、診断書を書くことは積極的でない人が多いです。なぜかといえば、面倒臭いからです。ですが、あえてそのようなニッチな内容を無理にしているところもありますのでそのようなところをよく見極めることが重要になります。診断書の内容が良ければ、申請が通る可能性も高くなるでしょう。

うつ病で障害年金を利用する目的は、生活をしていくためです。うつ病で障害年金は通常出ませんが会社を休んでいる場合などでは障害年金が頼りになるはずです。ただ、いくら目的が明確でも申請に通らなければ意味がないわけです。申請するのは個人でも行うことができますが基本的には社労士や弁護士などを仲介して行うことになります。物理的に個人でも申請することは可能なものの、書き方が非常に難しく素人ではなかなか理解することができません。結果的に、途中まで作成して投げだしてしまうような人もいるわけです。それならば、それだけの時間を使わずに最初からお金を払って社労士や弁護士に任せた方がよかったはずです。社労士や弁護士を選ぶ場合、障害年金の申請が得意なところ選ぶ必要があります。どちらかといえば、弁護士よりも社労士の方が得意としている傾向が見受けられます。ただ、書類の作成自体が面倒なだけでなく申請しても必ず通るかわからないためどこでも受け付けているわけではありません。このような場合には、インターネットなどで探すのが一番になります。後は、申請に通る書き方をしてくれるところがよいですが、広告に関する法律の関係上どれだけの人が申請に通ったなどとホームページの広告などで告げることはまずありません。そのため、実際に事務所に行き話し合うか遠くの場合には電話で話しを聞いてみることも大事になります。になる料金ですが、内容がしっかりしておりうまくいけば5万円から8万円ぐらいで作成し満足のいく結果を出してくれるでしょう。

Copyright© 2019 病気で苦しんでいる場合に理解しておきたいことは何か All Rights Reserved.