理解しておくと良いこと

悩む男性

種類や知っておくと良い情報は何か

最近は、会社に通っているときにうつ病になってしまう人も少なくありません。うつ病になってしまった場合には、何らかの対策を立てる必要がありますが最初のうちはなかなか対策を立てずに時間だけが過ぎてしまいます。やはりうつ病の人も、病院に行くことにより治すことができるもののなかなか病院まで行くことが難しいことも考えられるでしょう。そうしているうちに、いつの間にか状態が悪化し長期的に会社を休むようになれば生活自体が圧迫される可能性があります。この場合には、生活費を稼ぐことができないため通院しながら障害年金などに頼る方法も考えられます。障害年金は様々な種類がありますが基本的に国民年金や厚生年金に加入していればもらうことが可能になります。その種類は、3種類あり1番重度のものは介護状態が必要な状況に追い込まれている場合です。この場合だと、比較的簡単に申請がおりそうですがある程度申請をするのにも技術が必要になります。中級程度のものに関しては、介護までは必要ないものの生活自体が非常に困難なものです。この場合にも申請すればお金が降りる事は考えられるでしょう。さらに3つ目は、上記2つよりも困難でないものの、通常仕事なのに通えず日常生活に支障があるレベルです。このレベルになると、やはり障害年金をもらうことができますが厚生年金や共済年金の場合でなければもらうことができない可能性が高いです。これらを踏まえた上で、社労士や弁護士に依頼することで申請が通る可能性もあります。ただ最終的に決めるのは国ですので、腕の良い社労士や弁護士に依頼するべきでしょう。

うつ病になり障害年金をもらう場合に理解しておきたいことの1つは、自分で書類を書くことが難しいことです。必要な書類は、うつ病になったときに初めて診断書をクリニックや病院の先生に書いてもらう診断書もそうですが、それだけでなく様々な書類を記入して提出する必要があります。これらの書類自体は記入すれば良いですがその記入方法がなかなか複雑です。専門家でないと書けないものもありますので書き方に慣れていない場合はなるべく専門家に書いてもらうのが良いでしょう。弁護士や社労士に依頼すると書いてくれることがありますが弁護士や社労士といっても様々な仕事内容がありその人たちが何を専門的に行っているかよって引き受けてくれるかどうかは異なります。例えば弁護士でも民事の離婚裁判を中心に行っている人は障害年金の申請などをしたことがないことが多いため、受けてくれません。ですが中には、障害年金の申請に関して強みを持っている弁護士もいます。社労士に関しても同様のことが言えるでしょう。そのような人に依頼することでより良い結果を出すことが可能になりますがどれぐらいかかるかが問題になるわけです。基本的には事務手数料は20,000円かかりますので、それ以外の手続き費用や出張費用なども合わせると50,000円位になることが考えられます。ただ実際には、結果が出るかどうかによっても異なります。うまく結果が出れば、成功報酬としてもう少し支払うことが必要になることもありますが、詳しくは事務所に相談をして聞いてみるのが1番です。

Copyright© 2019 病気で苦しんでいる場合に理解しておきたいことは何か All Rights Reserved.